希望の歌が聴こえる【2】上質な暮らし展@CONNECT(名古屋)

名古屋市守山区にあるCONNECT(コネクト)さんにて展示会が始まります。
会場の雰囲気はこのような感じになりました。

新作の百花万華シリーズは12デザインより1枚お選びいただき、約4ヶ月かけてお作りします。

定番のメモリアルオーダーロイヤルオーダーは、サイズやカラー、デザインをお選びいただき約4ヶ月〜6ヶ月かけてお作りします。

GOSHIMA絨毯は「オーダーメイド」の絨毯です。
使い始めるまでの「待つ時間」というものが必ずあるわけですが、
作り手が一枚の絨毯を作ってくれている時間を、
使い手となる人がどう過ごすか。

ある人は、待つ間に「いらないものを捨てて部屋を片付け整えよう」と言いました。
またある人は、「この絨毯に合わせて使いたいものを探すわ」と言いました。

ただただ、待っているだけでは退屈な時間を、
一枚の絨毯を迎え入れる準備をする時間だと捉えるとどうでしょうか。
その時間を使って、その先の時間を楽しく待つ、なんて、とても贅沢な時間です。

今会期でご注文いただいたものは、
早いもので来年の春頃にお届けです。
少し先の新しい季節に、想いを馳せて、末長く使えるものを。

なんでもすぐに手に入る時代で、
きちんと時間をかけてしっかりと作られたものを
作ることができる人にお願いして作ってもらう。
上質なものとは、確かな素材と技術に、
作り手の気概と、使い手の心が合わさったものであるように思います。

一枚の絨毯がこれから続く人生にとって常に希望であるように。
そして、作り手にとってもGOSHIMA絨毯が希望であるように。
CONNECTさんでの9日間の展示会中、希望の歌が心地よく聴こえますように。

GOSHIMA絨毯の展示会は、
これまでの「絨毯」に対する見方や価値観が必ず変わります。
是非、お立ち寄りください。
お待ちしております。

(つづく)

===========================================
上質な暮らし展 / 2018
===========================================
・日時 12月8日(土) – 12月16日(日) 12日(水)は定休日
10:00 – 19:00 (最終日18:00まで)
・会場 CONNECT 1階特設会場
愛知県名古屋市守山区守山1-1-18
・TEL 052-795-1101
・HP http://connect-m.jp

●期間中の特別イベント
・藤が丘にあるコーヒーロースター
「コモンコーヒー」12/8.9.15.16 10-12時
・鉄のBBQブランド、flames
「BBQの実演」12/8(土)のみ 18-20時
・すべて手作業の丹羽ふとん
「ふとん作り実演」12/15(土)のみ 11-12時
・defcolonyの洗える革スリッパ(theta・シータ)
「スリッパ製作実演」12/16(日)のみ 10-12時
・イベント詳細はこちら

モロッコ絨毯紀行 第10章

(この記事は、GOSHIMAを創った男・今井正人が綴るプロジェクトアーカイブ記事です)

*

出来ました!デザイン出来ました!

 

一緒に渡航しそのあとも何度も何度も打ち合わせをして「かっこ良さ、飽きの来ない不変性、高級感溢れる」デザインを委ねていた高橋トオルくんからやっと出来たと連絡が入る。

 

全ての仕事をすっ飛ばし彼の事務所に走る。

事務所のテーブルに所狭と並べられたデザインペーパー。

 

期待半分、不安半分。

 

気持ちとは裏腹に薄目で恐る恐るそこに近づきぱっと目を見開く。

 

見た瞬間「やったな」

 

「かっこ良さ、飽きの来ない不変性、高級感溢れる」

 

 

予想以上。

 

さすがやる時はやる男。

 

モロッコのイスラム建築にあるタイル画のシンプルかつ規則正しい配列。

人類が発祥と共に長い長い歴史の中で使われ続けている独特の文様。

その多くはシルクロードを渡り又は島々を渡り日本に伝わりました。

 

これだけデザインの流行り廃りの激しい今日においても使われ続けている文様=「飽きの来ない不変」

華美な部分を引き算で限りなくシンプルにデザイン化=「かっこ良さ」

 

「高級感溢れる」

問題はここ。

 

イマシン村のクオリティは高級感というより素朴感。

 

高級感を出そうとするとあの素朴さがなくなってしまう。

 

でも、このデザインは素朴感ではぜったいに表現できない

 

そんなさなかヒシャムから連絡が入る。

 

(続く)

最初から読む→第1章