モロッコ絨毯紀行 第9章

(この記事は、GOSHIMAを創った男・今井正人が綴るプロジェクトアーカイブ記事です)

*

縞柄のGOSHIMA絨毯の販売は続く。

 

並行してイマシンの技術を上げていく

 

とにかく、世界で一番上質な絨毯をモロッコで作る。

 

そして新たなる問題

縞柄の次なるデザインに着手しなければ・・・

とにかくオリジナルブランドを立ち上げるという事はすべてを自分達で考えなきゃいけない。

いままで誰かがやってくれた事を自分達で考えなくちゃならない

あたりまえだけど。

 

デザインを現地のデザイナーにお願いしようにもイランやトルコなどの絨毯先進国と違ってここは後進国モロッコ。

絨毯のデザイナーなんていないだろうし。

 

それでも何とかしないと先に進まない。

 

今日まで僕を育ててくれたギャッベを超えてGOSHIMA絨毯を世界一のブランドに育てたいから。

 

いないなら作ればいい。

 

世界的なデザイナーなんて要らない(頼めないし)

 

でも僕の周りには絨毯のことは素人だけど「同じ目線で夢を共有」できセンスある人がいる。

 

ヒシャムも初めは絨毯のことなんて全く分からない素人だったけど今こうして一緒に絨毯プロジェクトをしている。

 

「同じ目線で夢を共有」さえできれば素人でもなんとかなる。

 

腹は決まったデザインは彼しかいない。

 

GOSHIMA絨毯ブランドとしての初めのデザインは彼に託そう。

 

三方舎の設立当時からのパートナーであり良き飲み仲間。

いつも彼のデザインにはハッとさせられ僕に驚きを与えてくれる。

タカハシトオル.jpg

デザイン事務所ツムジグラフィカ高橋トオル。

 

超身近だけど彼となら「同じ目線で夢を共有」できる。

周りにいる人を生かそう、それが三方よしの三方舎らしい よくわからないけどなんかいけそうな気がする。

 

依頼はとにかく今まで扱ってきた絨毯にはない「かっこ良さ、飽きの来ない不変性、高級感溢れる」デザインを。

 

そんな漠然とした依頼をする方もする方だし、受ける方も受ける方である。

 

彼ならきっと理解してかっこ良いものを作るだろうというと、とりあえずは一緒にモロッコへ。

 

IMAIのiPhone 376

 

帰国して一か月・・・

 

そりゃ難しいよね。

 

デザインなんてそんなすぐ出るものなんかではないよね。

 

「かっこ良さ、飽きの来ない不変性、高級感溢れる」デザイン いくら現地を見たからってそう簡単には出来ないし難しい。

 

それからもう数か月何度もなんども話し合う。

 

その間モロッコのヒシャムはイマシン村のレベルを上げるべくハンモさん、シーディーモハメドと取り組みながら、そしてイマシン村以外でももっと上質な絨毯を作ろうとモロッコ中の織り工房を見て回る日々が続く。

 

続く

最初から読む→第1章

 

GOSHIMA carpts web site
(click!!↓)

GOSHIMA絨毯デザイン室 profile

 

11057242_768932956558351_590672375816125539_n.jpg

小林あかね Akane Kobayashi

BRIDGE /one piece planning 代表
フリーランス
デザイナー・プランナー・ディレクター

 

1978年生まれ。美術大学卒業後、金沢での劇団美術担当、2010年からの新潟市での福祉施設製品の企画販売事業を経て、2014年「BRIDGE」を立ち上げる。2015年福島県猪苗代町のRoots猪苗代にて工務店との連携によるブランディングやイベント企画などを手がける。2016年よりGOSHIMA絨毯企画に参画し、GOSHIMA絨毯のデザイン・商品企画・コンセプトワーク・展示会プランを担当。国内では極めて稀な手織り絨毯のデザイナーとしてデザインの提供にとどまらず、現地との綿密な打ち合わせ、取材、販売企画など多岐にわたって活動を行う。
2016年
モロッコでの取材記事「Morocco全力取材記
売場での取材記事「売り場全力取材記
Traditional Collectionシリーズ 企画・デザイン
意思のあるじゅうたん・アーモンド」企画・デザイン
背守りのじゅうたん」企画・デザイン

2018年
百花万華」企画・デザイン

 

http://www.sumikkobridge.com